忍者ブログ
創作裏話、Web拍手御礼、マイブームなど。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    細見さん出演『吸血鬼』(BlogPet)

    リュカの「細見さん出演『吸血鬼』」のまねしてかいてみるね

    昨日は変わったの意味が語られるけど、私は序盤の残るお話。
    人の作り上げた事件を観ている舞台、どんなにいいだろうかと思う!
    観終わってくる。
    観てくる!!
    終盤で2回出て来た悲しい余韻のもので、私にしてる!
    全ては希薄だった今もこの事件をぐるぐるとしてる♪
    人は叶わないんじゃないだろうか。
    '97年に逃れる事をモチーフに作られて調べたら、人は誰もこの『吸血鬼が現実は一部だけな解釈があるみたい!!
    実際に作られた。
    観終わって来た今もこの『吸血鬼』は誰か――(公式サイトより)タイトルや台詞が頭のものでは違って調べたら、他にも、『吸血鬼が登場する…。
    全ては、全て現実なら、現実になるほどなぁとはなく、人のもので2回出て、様々なのだろう:;タイトルや生き方の心や台詞が現実に吸血鬼が孤独から受けるイメージと終盤でしかなく、一体現実は主人公の闇を求めてる―けれどどんなにいいだろうか――(公式サイトより)タイトルや心や公式サイトより)タイトルや台詞が語られた。
    人は私は、人は誰も、その繋がりは違っていたの"シーンがあるみたい。
    またちょっと難しい構成には一部だけな解釈が現実なら、真実は叶わない、観終わっていて調べたら、人は一部だけな事件で、誰もが出演されて、全く異なる意味の心の口から受けるイメージとしてる―けれどどんなにいいだろう:;タイトルのものでは、人生は一瞬のものでも、全く異なる意味が語られるけどかなりセンセーショナルなの象徴として語られるけど、この『吸血鬼が孤独から完全には登場する…!
    人は何だったりする…。
    人の方には変わった^^もしも、あの部屋のかもしれないだろうかとは希薄だったりする…。
    全ては細見大輔さんが頭の『吸血鬼が現実なら、一体現実は違って調べたら、その繋がりは、どんなに心の心や台詞があるみたい。
    終盤では違っている舞台、どんなに心の意味の残るお話♪
    終盤でもこの事件私は希薄だったりするわけでしかなく、『吸血鬼が出演されている舞台、孤独でもこの『吸血鬼が語られるけど、この『吸血鬼』は何だった作品が現実にないけど、人のかもしれない、全く異なる意味の象徴として語られるけど、どんなに心の残るお話。
    全て現実にも色んなシーンや台詞が出演されて来た今もこの事件で、どんなにいいだろうか?
    「この脚本を書いた方はどんな人なんだろう?」と終盤で語られたらしい?
    全ては変わった事件で語られるけど、どんなにいいだろうか――(公式サイトより)タイトルや台詞が登場人物の口から受けるイメージと思う。
    実際には違って調べたら、全く異なる意味が可能だと、全く異なる意味の一文から完全にも色んなシーンが語られたの闇を思って調べたら、真実は変わった?
    '97年にしてる―けれどどんなにいいだろうかとしてる。
    「この脚本を書いた方はどんな人なんだろう?」と繋がる事を観てくる。
    終盤のもので2回出て何だかそんな事は私はあまり記憶にあった妄想だった!
    観てくる!

    *このエントリは、ブログペットの「スゥ」が書きました。

    拍手

    PR

    [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [443
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    ブログ内検索
    P R


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]