忍者ブログ
創作裏話、Web拍手御礼、マイブームなど。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    本日の更新は久々の長編ファンタジー&Web拍手御礼!

    尋常でない暑さの日々にすっかり夏バテし、前回の更新をお休みしてしまいました><

    今回の更新は久々の長編ファンタジー『誰がために陽光は射す』第40話です。
    魔力を持った者達が隠れ住む集落。自分の魔力について向き合い始める。この力は何なのか、自分はこれからどうするべきなのか。
    一方で、追われる事の無い平穏な暮らしを求める集落に不穏な影が差し、勢力を増そうとしています。
    会話と今後の展開に備えた説明台詞が中心で、書いていて少々退屈してしまいました><
    読んでいて退屈しないように心掛けましたが果たして。
    お楽しみ頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます。
    とっても励みになっています!
    今後も楽しんで頂けるよう頑張りますので、ご愛顧よろしくお願い致しますm(_ _)m

    拍手

    PR

    本日の更新は異世界トリップファンタジー第2話&Web拍手御礼!

    本日の更新は異世界トリップファンタジー『迷い猫、異世界を行く』第2話です。
    相変わらず外国にいると思い込んでいる仔猫のルイ。協力してくれる少女と猫もルイが異世界から来たなんてわかるはずもなく、前途多難なご主人探しの旅が始まります。
    少しずつ、ここが異世界であること、魔法や魔物の存在なんかを明らかにしつつ、ルイの成長を描いていきたいと思います。

    Web拍手をありがとうございます^^
    とっても励みになっています。
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますので、ご愛顧よろしくお願い致しますm(_ _)m

    拍手

    本日の更新は新連載、異世界トリップファンタジー!&Web拍手御礼!

    本日の更新は新連載、『迷い猫、異世界を行く』の第1話です。
    タイトルからわかる通り異世界トリップものです。
    一度異世界トリップものって書いてみたかったんですが、最近この手の作品は溢れかえっているので、ちょっとひねってみました。
    主人公は仔猫です。猫を主役にした一人称小説にすることで、異世界トリップものによくあるツッコミ(言葉の問題やチート能力など)を回避しようと試みています^^;
    読み手には会話がわかりますが、主人公の猫には「飼い主の言葉と違う」ということがわかるのみ。また、この世界の猫には通常羽が生えている、といった設定でここが異世界であるということを、仔猫の視界に映るものから伝えられるよう努めています。
    幼い猫なので知識や知能は人間の子供並、体力はごく普通の仔猫で特殊な能力はありません。自分が異世界に来てしまったということもわかっていません。そんな中、はぐれてしまった飼い主を探すべく仔猫の冒険が始まります。
    新連載、楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手をたくさん頂きありがとうございます^^
    とっても励みになっています。
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますので、ご愛顧よろしくお願い致します!

    拍手

    本日の更新は短編ファンタジー&Web拍手御礼!

    日付変わってますが、5月2度目の更新は短編ファンタジー小説『魔王の遺言』です。
    勇者が魔王を討伐した後の魔界と、その後の勇者の行く末を綴りました。
    矛盾しないように設定を練るのに悩みました><
    改めて読み返すとまだまだツッコミ所がありますが、細かい事は気にしちゃいけません><;
    主人公の魔王軍将軍がある意味ツンデレで、書いてて楽しかったです^^
    楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます。
    とっても励みになっています^^
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますので、ご愛顧よろしくお願い致します!

    拍手

    本日の更新は短編連作ファンタジー最新話! &Web拍手御礼!

    前回の更新では久々に散文詩を書きました。(ブログ書くのすっかり忘れてました><)
    詩は小説とまた違った難しさがあって楽しいです。

    今回の更新は短編連作ファンタジー『祈りの届く場所~ある英雄譚の片隅で~』の第11話になります。
    一応、10話で勇者を蘇生させ英雄譚における神父の役割は終わったのですが、これを踏まえて「愛犬を生き返らせてほしい」という子供の願いをどうするか、というアイデアが浮かび、後日譚という形で書いてみました。
    あれであの子が本当に死を理解し受け入れられたのかは疑問ですが><:
    この神父(そういえば名前決まってるけど明かすタイミングが無い・汗)はけっこう気に入ってるキャラですし、まだいくつかアイデアはあるので、後日譚を書き続けたいと思っています。

    Web拍手を頂きありがとうございます。
    とっても励みになっています!
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますので、今後もよろしくお願いします。

    拍手


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]