忍者ブログ
創作裏話、Web拍手御礼、マイブームなど。
04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    今回の更新は掌編折本!&Web拍手御礼!

    昨日になってしまいましたが、今回の更新は掌編小説3編を収録した折本「掌小説語り~厳冬幻想譚~」です。冬や雪にまつわる幻想的なついのべを3編加筆修正しました。
    ちょっと時期を外してしまった気がしますが^^;
    楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます。
    とても励みになっています^^
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

    拍手

    PR

    本日の更新は前回の続き&Web拍手御礼!

    本日の更新は短編連作小説『祈りの届く場所~ある英雄譚の片隅で~』第10話です。
    前回アップした9話の続きになります。
    ふてくされ投げやりな勇者の閉ざされた心を解くものは。
    そして一応、神父が役目を終えた第10話でこの物語は完結です。とはいえ、もう一つだけネタがあるのでいずれ書きたいと思います。もっと前から思いついていたネタなんですが、「勇者の蘇生」エピソードを終えてからでないと書けないネタなのです。
    英雄譚における神父の役目は終わりましたが、第1話でも語ったようにそれでも日々は続いて行きます。旅立った勇者たちのその後の噂を耳にしたりもさせてみたいですね。

    Web拍手を頂きありがとうございます。
    励みになっています^^
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますので、ご愛顧のほどよろしくお願いしますm(_ _)m

    拍手

    本日の更新は短編連作ファンタジー小説&Web拍手御礼!

    本日の更新は短編連作『祈りの届く場所~ある英雄譚の片隅で~』第9話です。
    いよいよ、英雄譚の片隅で神父が役目を果たす時が来ました。
    この作品は「さらっと読める」事も目標にしていて1話辺り3000字弱で収めていますが、この話は長くなるので9話と10話で完結するようにしました。9話前後編にしても良かったかな……。
    さて、ふてくされている勇者に温厚な神父もキレました(笑)
    いきなり無理難題を吹っ掛けられ、魔王軍の襲撃を受け、傷つき閉ざされた勇者の心を救う事はできるのか。待て次回!

    Web拍手をたくさん頂きありがとうございます^^
    とっても励みになります!
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますので、ご愛顧よろしくお願い致します。

    拍手

    今回の更新は和風ファンタジー&Web拍手御礼!

    更新から日が開いてしまいましたが、今月2回目の更新は和風ファンタジー小説です。
    普段の文章で書いていたらどうもしっくりこなくて、ですます調で語るお伽話に仕立てました。
    「努力は報われる」「見ててくれる人はいる」という内容です。
    妬み嫉みを圧倒的な実力差で跳ね返す、という展開も好みだったりします。
    そして主人公を見守る蛙の正体、気付いてもらえるように伏線を貼ってあるのですがどうでしょうか。
    楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます!
    とっても励みになっています^^
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願いします^^

    拍手

    本日の更新は掌編折本!&Web拍手御礼!

    ばたばたしてこんな時間の更新になってしまいました><
    本日の更新は折本掌編集「掌小説語り~平安恋愛譚~」です。
    平安時代の恋模様を綴ったついのべ3編を加筆修正したもの。
    時代や世の中の制度が変わっても、人が人を想う心は変わらないんだなぁなんて思います。
    表紙の巻き物に記載した和歌は百人一首から探した和歌です。
    小倉百人一首53番、出典は拾遺集。作者は右大将将道綱母、藤原道綱の母親です。

    「歎きつつ ひとりぬる夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る」
    訳:嘆いて嘆いて、一人淋しく寝る夜の、明け方までの時間がいかに長いか、あなたはご存知ですか? ご存じないのでしょうね。

    通い婚が主だった平安時代、待てども待てども来ない夫への嘆きと抗議の込められた歌です。

    楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます。とっても励みになっています。
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願い致します。

    拍手


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]