忍者ブログ
創作裏話、Web拍手御礼、マイブームなど。
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    長編ファンタジー小説更新&Web拍手御礼!

    本日の更新は長編ファンタジー小説『誰がために陽光は射す』38話です。
    長くなってきたのと前回の更新から間が空いてしまったので、”初対面の登場人物にこれまでの経緯を語る”という体裁で物語をおさらいしたのですが、かえってまどろっこしくなったかなぁという気がしてきました><
    主人公の置かれた状況を知らない登場人物に対して”かくかくしかじか”で済ませたくはないし、第一部での出来事なんて忘れられてるよね……なんて思いつつ。
    今後の展開は、この集落でかつて起きた事や神官達の動向を交えつつ、ここでアルバスが何を見てどうするのかを綴る予定です。

    Web拍手を頂きありがとうございます^^
    とっても励みになります。
    今後ともどうぞよしなにm(_ _)m

    拍手

    PR

    新作折本刊行!&Web拍手御礼!

    本日の更新は新作折本「掌小説語り~御伽話異聞譚~」です。ついのべ折本も22冊目となりました。今作は西洋の御伽話を題材にしたついのべを加筆修正したものです。
    御伽話って、ラストシーンのその後や「その時本当は……」といったifの物語を想像出来たりして楽しいです^^
    楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手をたくさん頂きありがとうございます!
    とっても励みになっています。
    今後もどうぞよしなにm(_ _)m

    拍手

    本日の更新は中世西洋風短編&Web拍手御礼!

    本日の更新は中世西洋風の短編小説『王の決意』です。
    王国の現状を何も知らずに育ち即位した若い王の想いと末路。
    何だかやっぱりこういう自己犠牲の話って好き、というか書きやすいです。
    乳母の過去は冗長になっちゃったかなとも思うんですが、どうして彼女は教育係でありながら王国の現状を教えなかったのか、というのが彼の決意の引き金にもなるのでどうしても入れたかったんです。
    逃がされた王女がどうなったかも考えてはあったんですが、最後の一文が自分で気に入ったのでこれ以上語らない方がいいなとカットしました。王女のその後も形にしてみたいです。

    Web拍手をたくさん頂きありがとうございます!
    これからも頑張りますのでどうぞご贔屓にm(_ _)m

    >『聖なる願い』の感想を下さった方
    嬉しいお言葉をありがとうございます^^
    あの終わり方は自分でも気に入っていたりします(〃▽〃)


    拍手

    短編小説新作はライトSF!

    本日の更新はライトSF小説『ある機械兵の回顧録』です。
    友情や恋愛といった絆を取り除いて、機械が感情を獲得する瞬間を書こうと試みたものです。
    (※書けたとは言ってない・汗)
    昔のネタメモから「修理し交流をもった機械が自分の大切な人を殺していたらどうするか」というのも取り入れました。主人公を人から機械へ変えましたが。
    機械を主人公に据えた一人称語りなので、考えや見える物の描写を機械っぽく見えるようにと苦心しましたがどうでしょうか……。
    最初は理知的に思考し対応していた機械が、後に自分の判断が与えた影響を知り、自分の立場を考えショックを受ける。この後の思考が感情的に見えるかどうか。
    なかなか難しいけど楽しいチャレンジでした。まだまだ拙いのでまたアイデアが浮かんだら取り組んでみたい題材です。

    拍手

    本日の更新は短編連作『月光遊戯』&Web拍手御礼!

    本日の更新は短編連作小説『月光遊戯』第5話です。
    「貴女を盗みに来ました」っていうセリフを使いたかったんですが、怪盗自身に恋愛沙汰は向いていない気がしたのでああいう形になりました。
    今回限りとはいえこの物語初めての女性の登場人物・東条和泉。斎賀要の友人として登場した彼女は要と同じような過去を抱えてはいますが、自分の立場に嘆くだけで行動しようとしない。友人とはいえ要としては彼女のそんな所に苛立ちやもどかしさを抱え、「駆け落ちに協力しよう」という体裁で無理やり背中を押します。終盤の要のセリフは考えるより先に手が動いて出てきた言葉でした。過去が過去だけに要はちょっと(かなり?)歪んでいます。本当に和泉を救おうとし未来を案じた怪盗の方が純粋なのかも。
    それと今回初めて怪盗と要と探偵・上条雅志が一同に会しました。が、要と上条を絡ませられず><
    お互い顔と名前くらいは知っている、といった関係ですが今後怪盗を中心にどう関わらせていくかと考えている次第です。
    推理小説ではないので毎回盗みの手順や計画の詳細はすっ飛ばしてしまってます(汗)
    まぁいいよね(いいのか?)

    Web拍手を頂きありがとうございます!
    とっても励みになります^^
    今後も楽しんで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願いします^^

    拍手


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]