忍者ブログ
創作裏話、Web拍手御礼、マイブームなど。
05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    Web拍手御礼!

    Web拍手を頂きありがとうございます!
    嬉しいです^^

    2/9に『二人の花』を読んで下さった方
    お読み頂きありがとうございます。
    描きたかった雰囲気が伝わっているようで嬉しいです。
    良かったらまたいらして下さいね。

    今後も楽しんで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願いします^^

    拍手

    PR

    本日の更新は掌編折本!&Web拍手御礼!

    ばたばたしてこんな時間の更新になってしまいました><
    本日の更新は折本掌編集「掌小説語り~平安恋愛譚~」です。
    平安時代の恋模様を綴ったついのべ3編を加筆修正したもの。
    時代や世の中の制度が変わっても、人が人を想う心は変わらないんだなぁなんて思います。
    表紙の巻き物に記載した和歌は百人一首から探した和歌です。
    小倉百人一首53番、出典は拾遺集。作者は右大将将道綱母、藤原道綱の母親です。

    「歎きつつ ひとりぬる夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る」
    訳:嘆いて嘆いて、一人淋しく寝る夜の、明け方までの時間がいかに長いか、あなたはご存知ですか? ご存じないのでしょうね。

    通い婚が主だった平安時代、待てども待てども来ない夫への嘆きと抗議の込められた歌です。

    楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます。とっても励みになっています。
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願い致します。

    拍手

    本日の更新は読み切りファンタジー小説!&Web拍手御礼!

    本日の更新は読み切り短編ファンタジー小説『私の名は』です。
    ……タイトルにめちゃくちゃ悩んだ結果、昨年ヒットした某アニメ映画とよく似たタイトルになっちゃいました^^;
    でも名前は密かに重要なキーワードになっています。
    悪人が根っからの悪人ではなくて、他の人物と触れ合う中で想いが変わっていく、といった展開は割と好みだったりします。
    救いようのない悪人っていうのも書いてみたいですが。
    この物語の主人公は魔女なので、王子と魔女の関係性と魔女の心の変化に重点を置きました。
    王子と王の関係がこの後どうなるのかは、また別の機会に書いてみたいと思っています。
    楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます!
    とても励みになっています^^
    これからも楽しんで頂けるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします!

    拍手

    本日の更新は怪盗vs探偵の連作短編!&Web拍手御礼!

    今更感たっぷりですが、あけましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    本日の更新は怪盗と探偵の連作短編小説『月光遊戯』第7話です。
    新キャラが1人。スラムに住む少年、佐伯俊。怪盗と要の手紙を届けるほか、要の指示の下、怪盗稼業に必要な様々な事をしています。
    シャーロックホームズに登場する"ベイカー街イレギュラーズ"のような存在がほしくて、以前から考えていたキャラです。今まであいまいにしていた要と怪盗のやり取りや怪盗稼業の下準備を一手に引き受ける存在になります。俊のほかにも数名いる予定です。スラムで苦しい生活をしているにも関わらずはつらつとした子、要との出逢いもその内書きたいと思っています。
    そして次への布石として、平時における怪盗の他の顔もちらりと綴っておきました。とはいえ、まだ何も考えてないのですが(汗) 「画家を志す青年・御剣優」以外にも顔がある事だけ今回は明らかにしてあります。
    怪盗と探偵の対決、楽しんで頂けたら幸いです。

    Web拍手を頂きありがとうございます!
    励みになっています^^
    今年も頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします!

    拍手

    本日の更新は短編連作ファンタジー&本年もご愛顧ありがとうございました!

    本日の更新は短編連作ファンタジー小説『祈りの届く場所~ある英雄譚の片隅で~』第8話です。
    魔王の侵攻が進み世界を恐怖と悲しみが覆う中、ショーを行うのは良い事なのかと悩む旅芸人一座を率いる踊り娘のお話。
    ここ数年で起きた大きな震災や災害、それに対する世間の反応。現実の世界にも通じるテーマです。こんな時こそ、楽しみを見出すことは必要なのだと思います。

    本年もご愛顧ありがとうございました。
    体調を崩したりPCが壊れたりと色々ありましたが、今年も多くの作品を書くことができました。
    来年もよろしくお願い致します。

    それでは、良いお年をお迎えくださいませ^^

    拍手


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]